沢田泰司のオランウータン

基礎代謝量(きそたいしゃりょう)というのは目が覚めている覚醒状態で生命活動を保つ(鼓動、口からの呼吸、腎臓の活動、体温や筋肉の緊張の維持など)ために欠かせない基礎的なエネルギー消費量の事をこう呼ぶのです。
陰金田虫(インキンタムシ)という病気は若い男の人に多く見られており、ほぼ股間の周囲だけに広がり、走ったり、お風呂から上がった後など体がポカポカ温まると強烈な掻痒感を起こします。
流行性感冒、即ちインフルエンザに適応する予防法や処置を含めた必須とされる対処策は、それが季節性インフルエンザであっても新たに発見された新型インフルエンザであってもほぼ変わらないのです。
現在、若い世代で感染症である結核に対抗する免疫(抵抗力)を持っていない人々が増えていることや、早合点のせいで受診が遅れることなどが主因の集団感染(アウトブレイク)や院内感染が増加傾向にあります。
常在細菌のひとつであるブドウ球菌(staphylococcus…staphylo-はラテン語で「ブドウの房」、coccusは「粒」の意)はグラム染色で紫になるグラム陽性球菌で、毒素の極めて強大な黄色ブドウ球菌(オウショクブドウキュウキン、staphylococcus aureus)と一方は毒の強くはないコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci、CNS)の2つに分けることができます。
基礎代謝(Basal Metabolism)とは人間が何もせずに横たわっていても使用してしまう熱量のことであり、大部分を全身の筋肉・最大の臓器である肝臓・頭部の脳の3つが使うということをご存知ですか?
胸部圧迫感を主訴とする狭心症の外科的な治療法としては大半の病院で「大動脈内バルーンパンピング法(IABP法)」もしくは「大動脈冠動脈(かんどうみゃく)バイパス術」という両者の手術の方法が一般的に活用されています。
アメリカやヨーロッパ諸国では、新しく開発された薬の特許が切れた約30日後、市場の80%がジェネリック医薬品後発医薬品)に変更されるという薬品もあるほど、後発医薬品(こうはついやくひん、ジェネリック)は世界各国で知られています。
乳幼児が受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、現在まで採用されてきた生ワクチンに替わり、平成24年9月1日から任意接種ではなく定期接種として導入されるので、集団接種ではなくクリニックなどの医療機関で個々に接種するスケジュール管理の必要な個別接種の扱いになりました。
看護師 求人 金沢市
暴飲暴食、体重過量、運動不足、不規則な生活、精神的なストレス、高齢化などの複数の誘因が合わさると、インスリンの分泌量が減ったり、働きが鈍化したりして血糖値が高くなる2型糖尿病を発症します。
一般的には骨折しない程度のごく僅かな力でも、骨のある決まったエリアに繰り返して持続的に力が加わると、骨折が生じる事もあり得ます。
500以上もの働きを持つ肝臓に脂肪やコレステロールが多く溜まった脂肪肝(fatty liver)は、狭心症のみならず色々な健康障害の誘因となる可能性があります。
花粉症というものは、森のスギや檜、ブタクサなどの草木の花粉が因子となって、クシャミ・目の痒み・喉の痛み・鼻水などの不快でゆううつなアレルギー症状を生ずる病気として知られています。
クシャミ、鼻水、鼻詰まりや目のかゆみ・ゴロゴロする異物感などの花粉症の不快な症状は、アレルギー源である花粉の飛散する量に沿って悪化の一途を辿る性質があるとわかっています。
ダイエットに没頭するあまりカロリー摂取を抑える、1人前を食べない、こうした生活のスタイルがひいては必要な栄養までもを不足させ、四肢の冷えを誘引していることは、頻繁に危惧されているのです。